バルトレックス錠500 ヘルペス 個人輸入 通販 購入

 

バルトレックスの飲み方

ヘルペス内服薬バルトレックスの服用方法は症状によって異なります。
容量と用法を守って服用してください。

 

【単純疱疹(口唇ヘルペス・性器ヘルペスなど)の場合のバルトレックスの飲み方】
通常、成人は1回に1錠(500mg)を1日2回服用します。

 

帯状疱疹の場合のバルトレックスの飲み方】
通常、成人は1回に2錠(1000mg)を1日3回服用します。
発症後できるだけ早い段階で服用を開始すると効果的です。

 

バルトレックス服用期間は7日間で、悪化または改善がみられなければ他の治療に切替えてください。

 

性器ヘルペスの再発抑制:通常、成人は1回1錠(500mg)を1日1回服用します。
水痘:通常成人および40kg以上の小児1回2錠(1000mg)を1日3回服用します。
服薬は水又はぬるま湯と一緒に行ってください。
服用中は通常時より多めに水分と摂るようにしてください。

 

服用を忘れた場合には、気づいた時点でバルトレックス錠1回分を服用してください。
ただし次回服用時間が近い場合には、次回分のみ服用してください。
1度に2回分を服用しないようにしてください。

 

妊娠している方、授乳中の方は、医師にご相談ください。

バルトレックスの効果

単純ヘルペスウイルスがヘルペスの原因で、発疹や水ぶくれなどの症状がでます。
これには、アシクロビルが主成分のゾビラックスや、パラシクロビル(valacyclovir)が主成分のバルトレックスなどの抗ウイルス薬が使用されます。

 

バルトレックスは単純ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。
ヘルペス原因は単純ヘルペスウイルスによりおこるものです。
(ヘルペスは帯状疱疹を指す場合が多いのですが、単純疱疹・帯状疱疹どちらもヘルペスです)
通常バルトレックス水疱瘡、帯状疱疹、性器ヘルペス・口内炎・口唇ヘルペス等の単純疱疹、性器ヘルペスの再発予防に使用されています。

 

ヘルペス飲み薬バルトレックスの有効成分が細菌より小さく、細胞の中で活性化し増殖していきます。
皮膚や粘膜に水泡を作るヘルペスウイルスが活性化したり、増殖することを抑制することができます。
ウイルスが少ない段階であるヘルペス発症初期でバルトレックス錠を服用すると症状の悪化を抑えることにより回復を早める効果があります。

 

しかしヘルペス症状が治まったように見えても、ヘルペスウイルスは体内から完全に消滅させることは難しく、免疫力や抵抗力が低下すると再発する可能性があります。
そのため、症状が治まったという自己判断でバルトレックス錠の服薬を中止したり服薬量を減らすという人もいるようです。
バルトレックスヘルペスに極めて有効で必ず規定の量を飲みきるようにしてください。

バルトレックスの副作用

バルトレックス副作用頭痛・眠気・腹痛・吐き気・下痢・便秘・過敏症(発疹・蕁麻疹・そう痒・光線過敏症)等があります。
このような副作用が起きた場合は医師または専門家にご相談ください。

 

まれに次のような症状が現れることがあります。
アナフィラキシーショック:呼吸困難・かゆみを伴う全身性の発赤、動悸
急性腎不全:尿量減少・むくみ・頭痛
精神神経症状:意識がうすれる・幻覚・痙攣
皮膚粘膜眼症候群:発熱・眼球結膜の充血・口腔粘膜などの痛みを伴った粘膜疹
肝炎・肝機能障害・黄疸:全身倦怠感・食欲不振・皮膚や白目が黄色くなる

 

このような場合はただちにバルトレックス錠の使用を中止し、受診してください。
副作用はすべてを記載したものではありません。
他に気になる症状が現れた場合には医師や専門家に相談してください。

 

特に高齢者や妊婦、腎臓疾患がある場合、さらに喘息(テオドール錠)胃薬(タガメット錠)などと併用することで副作用のリスクが高まることがあります。
該当する場合には必ず医師に相談の上ご使用ください。

バルトレックスを病院で処方してもらう場合の流れ

ヘルペス感染した場合、治療は早期対応が大切です。
ヘルペス頭痛の原因になることもありますので、必ず病院を受診しましょう。
症状が現れてからの対応ではウィルスの増殖が終わった後なのでヘルペス薬バルトレックスの効果を十分に得たという実感も少なく、完治までに時間を要します。
ヘルペス完治せず再発を繰り返す可能性もあり、予防としてバルトレックスを常備して早期対応できる準備をしておきたい方も多いでしょう。
また、再発をしないために、へルペスの原因のアルギニンというアミノ酸をとりすぎないように意識しましょう。
例えば、ナッツ類やチョコレートにアルギニンが含まれています。

 

バルトレックスは市販では売られておらず、処方箋薬なので病院受診が必要となります。
病院ではヘルペスの診断が認められなければ、バルトレックス錠を処方してもらうことができません。
もしもヘルペスの症状が認められていないのにバルトレックス錠をもらう場合には、保険適用外となってしまうため、診察代に加え、1錠あたり1833円程の薬代のすべてを負担しなければなりません。

 

そもそも、バルトレックス薬価1錠あたりの値段が550円もほどする高価な薬です。
そのため、健康保険の費用負担軽減のためにも口唇ヘルペスであれば5日分、性器ヘルペスであれば10日分といったように処方量に制限が設けられています。
また、再発の場合には年間6回以上の再発を繰り返す場合のみとされているのです。

 

しかし、通販でもバルトレックスバルトレックスジェネリックは購入することができます。
近頃では、バルトレックス個人輸入で購入するという方も増えており、その場合ですと、1錠200〜300円程度でバルトレックス錠を購入できます。

帯状疱疹とは

帯状疱疹の原因となるウイルスは、ほぼ大多数の方が子供の頃に経験する『水ぼうそう』のウイルスが原因で起こります。
子供の頃掛かった水ぼうそうウイルスは、完治してからも体内の神経節という部分に潜んでいるのです。

 

このウイルスが、加齢や病気などで免疫力が低下してしまうと再び活動を始め、帯状疱疹を起こします。
体の片側に強い痛みと共に帯状の赤みとブツブツした発疹・水ぶくれが起こるのが特徴です。
罹患する年代は幅広いのですが、特に50歳以上の方に起こりやすい傾向がある様です。

 

帯状疱疹薬バルトレックスを服用することがおすすめです。

 

単純疱疹とは

単純疱疹とは、皮膚に生じる単純ヘルペスウイルスに感染することで起こる皮膚の疾患で、ヘルペスとも呼ばれ、誰しもがかかる可能性のある、ごくありふれた皮膚の感染症のことを言います。
症状が似ているので混同しがちなのが帯状疱疹ですが、帯状疱疹とはウイルスの違う別の病気なのです。

 

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、発症している人が使ったタオルやコップなどに付着したウイルスが感染していない人に接触することで感染していき、一度感染すると、症状は治まっているように見えても、ウイルス自体は体内の神経節に潜んでおり、感染者の免疫力が低下した時にしばしば症状の再発を繰り返してしまう、厄介なウイルスなのです。

 

症状としては、発疹や水ぶくれなどの皮膚症状が現れ、かゆみを伴ったり、ヒリヒリ、ムズムズといった不快な症状が出てきます。

 

赤みや水ぶくれができたあと、それが潰れてカサブタとなり、剥がれ落ちます。
感染して間もない時には高熱などの重い全身症状を伴う場合があります。

 

バルトレックスと飲酒の関係

バルトレックスとは、単純ヘルペスウイルスを原因とした性器ヘルペスの再発抑制や水疱、帯状疱疹ウイルスを原因とした水ぼうそうや、帯状疱疹を抑えるためのお薬で、塩酸バラシクロビルを主成分とした坑ウイルス薬です。
医師から処方され、指示通りに服用する分には問題は無いのですが、インターネットの普及により、個人輸入で海外で販売されているバルトレックスを購入し、自己判断で服用する場合は使用方法に注意が必要です。
使用方法も英語で書かれている場合が多いので、きちんと理解して使用するのは難しい場合があります。

 

バルトレックスは飲酒を制限するような注意事項は特別書かれていないようですが、性器ヘルペスが再発してしまう原因には精神面と肉体面の2つがあり、適量の飲酒はリラックスできる効果も得られるので、適量であれば問題ないようです。
しかしべルトレックスもお薬なので、服用中に多量の飲酒は控えた方が良さそうです。
体質によっては強い副作用を起こしてしまう危険性もあるので、心配な人はヘルペスが治ってから飲酒しましょう。

 

口唇ヘルペスと性器ヘルペス

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス感染者が症状を発症している時に、飲み物の飲み回しやくしゃみや咳などでの飛沫感染によって、口の周りに単純ヘルペスウイルスに感染してしまうことで起こります。
感染した時の初期症状としては、口の周りにピリピリ、ムズムズといった不快な感覚やかゆみが出てきて、数時間から数日の間に口の周りの皮膚に赤みや水ぶくれができてきます。
その赤みや水ぶくれが破れて中の水分が出て行くと、カサブタができて数日で剥がれ落ち、皮膚表面の症状は治っていきますが、特別に治療をしなければ、やはりウイルスは体内に残ったままとなります。

 

性器ヘルペルは、単純ヘルペスウイルスが性交渉によって性器に感染することをいい、症状はだいたい同じです。
感染初期の場合は症状が重くなる場合があり、発熱したり、外陰部にできる水ぶくれの大きさが5ミリ程度と大きめであったりしますが、再発した時の症状は比較的赤みや水ぶくれの範囲が狭いことが多く、症状も軽いうちに治っていきます。
症状が軽いからといって感染力が弱まった訳では無いので、症状が出ている時は特に周りの人にうつさないように注意が必要です。

 

アナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーショックとは、アレルギーによってショック症状を起こしてしまうことをいい、良く知られているのがスズメバチに刺されることで起こるアナフィラキシーショックです。
初めてスズメバチに刺されると、刺された部位に軽い痛みや腫れなどの局所症状が起こり、症状自体は数日で治まりますが、体内に蜂毒が入ってくると、人によって蜂毒に対してアレルギーを持つ人と持たない人が出てきます。
この蜂毒に対する抗体を作り、アレルギーを持ってしまうと、2回目以降にスズメバチに刺された時に、アレルギーを持った人のうちの10パーセント程度が全身性のじんましんや動悸、息苦しさ、嘔吐、むくみなどのアナフィラキシーの症状が起こり、さらに数パーセントの人が意識障害や呼吸困難を起こし、アナフィラキシーショックとなり、死に至る場合もある恐ろしい病気なのです。

 

これが蜂ではなく、食べ物のアレルギーによっても同様に起こる場合があります。
代表的なものでいうとそばやピーナッツなどがありますが、なにかしらの食べ物のアレルギーを持っている人は特に注意が必要です。

 

ヘルペスが再発しやすい理由

単純ヘルペスウイルスに感染すると、疲労が溜まっている時や、風邪を引いた時、紫外線を受けた時や、お薬を服用している時、女性なら生理前や生理中など、免疫力が低下している時や、身体が弱っている時に皮膚疾患の症状が再発しやすくなります。
それは、皮膚疾患の症状が治まったとしても、単純ヘルペスウイルス自体は体内の神経細胞が集まる神経節に潜んでおり、感染者が弱っている時や免疫力が低下してしまうタイミングで活発に動きだすので、感染初期の時よりは症状は軽くなることが多いですが、何度も再発を繰り返してしまうことになります。

 

現代の医学でも、一度単純ヘルペスウイルスに感染して、神経節にウイルスが潜んでしまうと、そのウイルスを退治することが難しいので、感染を防ぐしか方法がありません。
といっても、単純ヘルペスウイルスは感染力がとても強いので、気がつかないうちに感染してしまっていることもあります。
感染してしまったら、再発しないように免疫力を高め、ウイルスが活発にならないようにしましょう。

 

初感染→初めて感染した場合
再感染→同じウイルスに再度感染した場合
初発→初めて感染したウイルスにより病気が現れたこと
再発→初感染後、体内に潜んでいたウイルスが再活性化して症状がおこること

 

わたしの場合、高熱が出たあと、ストレスが溜まりすぎた時に鼻のしたにヘルペスが出来る事が多いです。
そんな経験が何度も繰り返し起きてるので、そろそろヘルペスが出来るなあって分かるようになりました。
なので、皮膚科へ行って塗り薬をもらいましたが…結局塗ってない時と同じようにヘルペスはひどくなり、治るまで2〜3週間かかります。
塗り薬で効果があるとの意見も聞きますが、私には効かないようですね。

 

塗り薬の他には、顆粒や錠剤もあるようですね。
例えば、バルトレックス錠・ファロム錠・バルトレックスのジェネリックのバルシビルなど、いろいろな種類があるようです。

 

ヘルペスは免疫力が極端に低下している時に菌が出てきて水疱をつくり、だんだん広がって水疱が破れた時にはとても痛く感じるので気になります。
最初の頃は気になり触ってしまってましたが、それが一番良くないので今は予防とまでは言えませんが絶対さわらないように、そして、水疱が破れないように、空気に触れると痛い事もあるのでマスクをして保護しています。
そして見た目は本当に悪いですが、ようやくかさぶたが出来て内心ホッとします。
かさぶたからそれが自然に取れるまでも時間がかかりますが痛みもそんなに感じず、まあ、安心できる時期です。

 

一番していかなきゃいけない予防法はやはり免疫力を低下させないことだと思います。
そのためには、規則正しい生活、質の良い睡眠など基本的な事を意識してます。
なかなか難しい事ですが、生活に取り入れていきたいです。