カンジタ膣錠 カンジタ カンジタ治療 送料無料 通販 個人輸入 購入

クロトリマゾールの使用方法

ガンジタ治療薬のクロトリマゾールの使用方法

 

カンジタ塗り薬(クリーム状のもの)であれば1日2〜3回、患部に薄く塗布します。
カンジタ膣錠の場合は1日1回、膣深部に挿入します。
一般には6日間の継続を行い、カンジタ症状を軽減していきます。
治りが悪ければ必要に応じて使用期間は延長します。

 

トローチの場合は1日に5回程、使用間隔を3〜4時間程開けて1回1錠づつを口腔内で舐め溶かして服用します。
使用の継続は通常7日間ですが、必要に応じてもう1週間追加される場合もあります。

 

いずれの場合も飲み忘れ・塗り忘れがあった場合は気づいた時点で使用して良いのですが、
1度に2回分を服用・使用することは避けて下さい。
カンジタ薬を誤って多く使用・服用してしまった場合は医師に相談する様にして下さい。

クロトリマゾールの効果と作用

カンジタは性病ではなく、頻繁に見られる病気であり、誰でも感染する可能性があります。
パートナーの男性カンジタ菌を持っていて、感染してしまう場合もあります。
膣カンジタはガンジタ菌という真菌(カビ)が繁殖することによって引き起こされるのが原因で、クラミジアや淋病などといった性病ではありません。

 

クロトリマゾールは、カンジダ菌=『真菌』が原因で起こる皮膚感染症に効果を発揮するお薬です。
また膣トリコモナス症などにも有効に作用します。

 

形状は幾つか種類があり、クリーム状のものは口角炎や白癬、水虫、カンジタ治療などに、膣錠とよばれるものはその名のとおり、カンジタ原因で起こる腟炎や外陰膣炎というものに効果があります。
もう一つ、トローチになっているものがあり、これはHIVに感染した方が発症する、口腔カンジダという疾患に使用されるものです。

 

増殖する真菌の細胞膜を、クロトリマゾールが破壊する事で殺菌していきます。
真菌がすべて死滅してしまえば、皮膚に起こった様々な疾患は収まりを見せるという訳です。
イミダゾール系と言われる抗真菌薬ですが、このタイプは効き目が高い事からよく利用されています。
最終的に死滅させる事が目的ですので、根気よく続ける事が治療の鍵となります。

 

クロトリマゾールの副作用

よく使用されるクリームタイプの様な外用薬では、それほど大きな副作用はありません。

 

塗った箇所にかゆみやピリピリする様な刺激感、熱を持ったり、赤くなったりといった症状が見受けられる場合があります。
稀にかぶれてしまう方もおられる様です。
いずれの症状も軽度ならばいいのですが、ひどい場合は使用を中断して医師に相談して下さい。

 

カンジタ膣剤を使用した場合も同様の、局部へのかゆみ、刺激感、熱感、痛みなどの症状が現れる場合があります。
この場合も我慢せずに症状がひどければ医師に相談する様にしましょう。

 

多くの方に使用することができるお薬ですが、
クロトリマゾールで過去に過敏反応を起こした事があるような方は、使用を控える様にして下さい。

クロトリマゾールを病院で処方してもらう場合の流れと薬価

カンジタ症の市販薬としてメディトリートなどがありますが、こちらはドラッグストアなどで入手することができます。

しかし、やはりきちんと婦人科で検査をして医師に薬を処方してもらう方が安心でしょう。

 

カンジタ病院で治療する場合、多くの医療機関でクロトリマゾール成分のお薬が処方されます。
以前にこのお薬で過敏反応を起こした事があったり、副作用がでたりした経験がない限りは、問診・診察・検査のあとに医師の指示のもと処方されます。

 

日本で多く処方されるクロトリマゾール系のお薬はエンペシドという名がついたもので、クリームタイプのもので、
薬価は1gあたり25.7円。膣錠で1錠あたり61.6円。トローチは1錠あたり353.7円となっています。

 

実はジェネリック品もあり、例えば主成分であるクロトリマゾールの名を借りて販売している、
『クロトリマゾールクリーム1%』というものですと、1gあたり7・2円という薬価になります。
含有量は同じのエンペシドクリームに比べると3分の1ほどの価格しかありません。
ジェネリック品は主に個人輸入で入手する事が出来ます。

カンジタ膣炎とは

がんじだ腟炎は、女性のおよそ5人に1人が経験するありふれた病気です。
もともと自分の膣内に存在するカンシダという真菌が異常に繁殖することで発症します。
異常に繁殖する原因は、疲れや風邪、ストレス、睡眠不足などによる免疫力の低下です。
そして、体調の変化によって、再発を繰り返す特徴があります。
性行為での感染はほとんどないとされています。
人によっては、産後にホルモンバランスの変化によって発症する方もいます。
また大人だけでなく、幼児や小学生・中学生でも発症することがあります。

 

症状は、外陰部の痒みやオリモノの異常です。
痒くなったり、ヒリヒリする痛みを伴うこともあります。
おりものは、カッテージチーズや酒粕のような、ポロポロとした状態になります。
症状が疑われる場合は、早めに病院で治療を受けましょう。
予防策としては、ちつ内を清潔に保ち、蒸れないように通気性を良くすることです。
また免疫力を低下させないよう、日ごろからバランスの良い食事と、十分な休息を取るよう心がけましょう。

真菌とは

真菌とは、目には見えないカビの一種です。
真菌には味噌やチーズ、パンを作る際の酵母など、有用なものも多くありますが、白癬菌やカンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカス、ムコールなど人体にとって有害な真菌も存在します。
人体に有害な真菌は、免疫力が正常な場合は増殖することはありませんが、免疫力が低下していると異常増殖して、体に悪影響を及ぼします。

 

 

また、真菌は高温多湿な場所を好みます。
よって真菌の増殖を予防するためには、バランスの良い食生活と、十分な休養をとり免疫力を低下させないこと、そして蒸れないよう通気性の良い環境を保つことが重要です。
もし感染した場合は、抗真菌薬を用いた治療を行っていきます。

 

カンジタは自然治癒するのか?

カンジタは、カンジタ菌という、元々私たちの体にいる常在菌が繁殖して痒みなど不快などを起こします。
ガンジダ菌は通常、成人女性の膣からは約10%に認められています。
体内のバランスが通常の人よりも崩れやすい妊婦さんの場合、約30%にも上がります。
菌を持っているからといって必ずしも病気だとは言えませんが、妊娠や糖尿病・抗生物質の投与などのきっかけがあれば、すぐに発症し、そして再発しやすい病気なのです。
発症するたびに病院へ行くのは面倒、デリケートゾーンだから病院へ行くことに抵抗を感じるという方は多いかと思います。

 

カンジタには、口腔カンジタという種類のものもあります。
これは、口腔内に常在するカンジダ菌が異常繁殖することでおこる病気です。
唇や舌に白いコケのようなものができ、舌にピリピリとした痛みがでるものです。
うがいなどをして口内を清潔に保つことが必要です。

 

また、カンジタ菌は腸内にもいて、カンジタ菌が繁殖してしまうと腸内カンジダ症を発症することもあります。

 

カンダジは重症化しなければ自然治癒が期待できる病気です。
自然治癒させる為には、免疫力を高めることです。
体力をつけ、ストレスを溜めない生活、そしてバランスの良い食生活と十分な睡眠を心がけましょう。

 

また、カンジタ菌は高温多湿の場所を好みますので、蒸れないよう清潔に保つことも重要です。
症状が治まらないまま放置していると、慢性化する可能性がありますので、症状が続くようであれば専門医に診てもらいましょう。

 

水虫とは

水虫は男性に多い病気だと思われがちですが、皮膚の感染症で、老若男女問わず発症する病気です。
水虫はけっして治らない病気ではなく、きちんと治療すれば完治します。

 

発症する原因は、皮膚に白癬菌というカビが感染することで起こります。
この白癬菌は高温多湿状態を好み、温度が15度以上で湿度が70%以上になると急激に増殖し、水虫に感染する確率が増えます。

 

初期症状はかゆみです。
その後、水ぶくれや皮むけなどが起こってきます。
かゆみもどんどん増してきます。
こういった症状が現れたら、病院で適切な治療を受けてください。
放置すれば、水虫を長引かせることに繋がりますし、細菌感染症が生じる恐れもあります。

 

治療と並行して、日ごろのケアが重要になってきます。
外出から帰ってきたら足を洗う、靴下は一日一回履き変える、バスマットは毎日取り換える、部屋の床掃除を徹底する、など白癬菌が潜伏しにくい環境づくりを心がけましょう。

 

フェミニーナ軟膏とクロトリマゾールクリームを効果や価格で比較

フェミニーナ軟膏は有効成分リドカインとジフェンヒドラミン塩酸塩が痒みを抑え、イソプロピルメチルフェノールが雑菌の繁殖を抑える作用を持っています。
痒みの他、かぶれや湿疹、虫さされ、皮膚炎に効果があります。
低刺激で肌に優しいので、陰部周辺のデリケートゾーンにも使用することができます。

 

クロトリマゾールクリームは、有効成分クロトリマゾールが水虫やいんきんたむしの原因となる白癬菌や、がんじたの原因となるカンジタ菌の増殖を抑えるクリームです。
これらの菌は繁殖力が強いことで有名ですが、クロトリマゾールクリームは抗菌力が強く、即効性もあります。
また、副作用が少ないですので、安心して使用できます。

 

フェミニーナ軟膏は15gで880円、3gで1400円
クロトリマゾールクリームは20gで2500円

 

どちらも一日数回を患部に適量塗布して使用します。

関連リンク