クラビット錠 抗生物質 250mg 500mg 個人輸入 通販 購入

 

クラビット錠の飲み方

クラビット(kurabitto)は、レボフロキサシン(levofloxacin)を主成分とする抗菌薬で、クラビット錠250mg・クラビット錠500mg・クラビット細粒10%:5gがあります。

 

クラビット錠は通常、成人は1日1回1錠(500mg)を服用します。
例えば腸チフス、パラチフスの場合、500mgを1日1錠14日間服用しますが、
疾患・症状に応じて適宜減量されます。

 

クラミジアを治療する場合、500mgを1日1回1錠7日〜14日服用します。
必ず医師の指示された用法・用量をきちんと守って服用して下さい。

 

もし飲み忘れた場合でも、決して2回分を1度に飲まないで下さい。
クラビットまたはその主成分であるレボフロキサンに対し過敏反応がでたことのある人、
妊婦・妊娠している可能性のある人、授乳中の人、小児、持病やアレルギーがある人、
また他に服用中のお薬がある場合は必ず医師にご相談下さい。

 

ちなみにクラビットには、点眼薬もあります。

 

クラビット錠の効果

抗生物質の種類は、ペニシリン系(ビクシリン/ユナシン等)セフェム系(メイアクト/フロモックス等)・マクロライド系(クラリシッド/クラリスロマイシン/ジスロマック等)など、さまざまなものがありますが、クラビットはニューキノロン系の抗生剤になります。
第一三共株式会社が製造・販売する抗菌製剤(抗生物質)で、感染時に細菌などのDNA複製を妨げることで、殺菌作用を示します。

 

クラビットの主成分はレボフロキサシン水和物です。
感染症を引き起こす病原微生物には、細菌やウイルス真菌(カビ)などがあります。

 

クラビットは、おもにグラム陽性菌や陰性菌をはじめ、クラミジアやマイコプラズマ、レジオネラなど、細菌に有効です。
適応症には膀胱炎、前立腺炎、睾丸炎、淋病性尿道炎、皮膚感染症、サルモネラ腸炎、コレラ、チフス、カンピロバクター属、子宮内感染、緑膿菌、腎盂炎、バルトリン線炎、クラミジアなど。
皮膚感染症、呼吸器感染症(扁桃炎・気管支炎等)、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症(蓄膿症・中耳炎等)、広い範囲の感染症治療に使用されています。
また、ニキビの原因であるアクネ菌に効果があると言われているニューキノロン系の抗菌剤としてクラビットを使用する場合もあるようです。

クラビット錠の副作用

クラビットの副作用として、発疹、不眠、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、腹部不快感、腹痛などがあります。

 

また、かゆみ、じんましん、光線過敏症、意識障害、末梢神経障害、腎機能異常、血尿、肝機能異常、貧血、口やのどの渇き、耳鳴り、味覚異常、視覚異常、嗅覚錯誤、動悸、低血圧、頻脈、関節痛、胸部不快感、倦怠感、四肢痛、咽喉乾燥、熱感、むくみ、筋肉痛、発熱などの報告もあります。
このような症状現れた時は、医師または薬剤師にご相談ください。

 

また、ごく稀ではありますが、次のような重い副作用の報告もあります。

ショック、アナフィラキシー様症状、重い皮膚症状、けいれん、重い不整脈、腎臓の重い症状、重い血液成分の異常、肺障害、大腸炎、横紋筋融解症(筋肉痛、脱力感など)、低血糖、アキレス腱炎、腱断裂(腱周辺の痛み、むくみなど)、幻覚、錯乱、うつ等の精神症状、過敏性血管炎(発熱、腹痛、関節痛、など)、重症筋無力症の悪化(筋力低下)。
このような場合は、直ちに使用をやめ、医師の診療を受けてください。

 

クラビットとロキソニンを併用しても大丈夫なのか?という話もよく聞きますが、医師の診断により処方された場合は、併用しても大丈夫です。
自己判断での併用はご注意ください。
ムコスタやガスター等の胃薬との併用の際も医師にご相談ください。

クラビット錠を病院で処方してもらう場合の流れと薬価

一般的に受付にて問診票をご記入、待合室などで順番を待ち、医師の診察となります。
症状によっては尿検査などをすることもあります。
その後はお薬の処方・会計となります。

 

近頃はWEB仮受付・順番確認システムを導入して、院内での受付・待ち時間を短縮できる医療機関も増えてきています。
基本的に保険証を提示する必要があります。

 

クラビットの公定価格
クラビット錠(レボフロキサシン水和物錠) 500mg1錠あたり(レボフロキサシン水和物錠) 475.3円
クラビット錠(レボフロキサシン水和物錠) 250mg1錠あたり264.9円
クラビット細粒(レボフロキサシン水和物) 100mg121.4円

クラミジアとは

クラミジアはかつては目の伝染病である「トラコーマ」や「オーム病」の病原体として蔓延していましたが、現在は形を変えて性感染症の中でも最も感染者の多い病気と言われています。
クラミジアトラコマチスという原因菌に感染すると発症します。
性器に感染する性器クラミジアと、咽頭に感染する咽頭クラミジアがあり、感染者との粘液接触や精液、膣分泌液などを介して感染しますが、感染してもすぐには症状が自覚できないことが多く、感染していることに気がつかずにパートナーに感染させてしまうことが多いので、自覚症状をほとんど実感しないことが感染が拡大してしまう原因となっています。

 

女性がクラミジアトラコマチスに感染すると、おりものが増えたり、不正出血があったりといった症状が現れ、感染したまま放置していると、卵管炎を起こして子宮外妊娠や不妊症のリスクを高めてしまいます。
また、オーラルセックスをすることで、咽頭クラミジアを発症する可能性もあります。

 

男性がクラミジアトラコマチスに感染すると、排尿の際に軽い痛みを感じたり、尿道のかゆみ、不快感などが症状として現れますが、感染しても何の症状も出ない場合もあります。
感染して放置していると、前立腺炎や血精液症などを発症し、無精子症などの男性不妊の原因にもなってしまうので、定期的に感染していないか検査をする必要があります。

淋病とは

淋病とは、淋菌という病原菌に感染することで起こり、クラミジアと合併している確率が約40パーセントと高い確率なので、淋菌に感染している人と粘液の接触があると、ふたつ同時に感染してしまうリスクが高まってしまいます。
クラミジアと同じで自覚症状を感じにくく、感染していることに気がつかないうちにパートナーに感染させてしまうことが多いことで、感染者が多い性病のひとつとなっています。

 

女性が淋菌に感染すると、膣から子宮のあたりに炎症を起こし、おりものが増えたり嫌な臭いがしたりしますが、これが淋菌に感染しているから起こっていることに気がつかずに放置していると、徐々に感染が体内に拡大し、子宮外妊娠や不妊の原因となるので、おりものの異変がある場合は注意が必要です。

 

男性が淋菌に感染すると、排尿の際に激しい痛みを伴ったり、膿がでる場合もありますが、男性も自覚症状を感じにくく感染していることに気がつかないことが多いです。
感染に気がつかずに放置していると、男性の場合も感染が体内に拡大し、生殖器の炎症を起こして無精子症などの不妊の原因となってしまいます。

尿路感染症とは

尿路感染症とは、腎臓から尿道までの尿路に起こる感染症で、おしっこの出口である尿道口から細菌が侵入し、膀胱に到達し炎症を起こすことで発症するので、尿道の短い女性や2歳までの乳幼児に起こりやすい感染症です。
尿の中に細菌がいることを確認することで、尿路感染症かどうかがわかります。
細菌の感染が膀胱内で留まっていると膀胱炎となり、膀胱からさらに腎臓まで侵入し、炎症を起こすと腎盂腎炎を起こしてしまいます。

 

尿路感染症は重症度や症状の違いから、上部尿路感染症と下部尿路感染症に分類され、上部が腎臓から尿管までの感染で、下部が膀胱から尿道、前立腺などの感染です。
治療せずに放置していると、何度も繰り返し尿路感染症になりやすく、クセになりやすい感染症です。

 

細菌に感染することで起こるので、抗菌薬を服用することで細菌を減らし、症状を改善していき、2〜3日で症状の改善がみられますが、高熱を伴う腎盂腎炎が疑われる場合は、2週間程度抗菌薬を投与し、細菌を減らしていく必要があります。

 

膀胱炎の治し方

膀胱炎は男性よりも女性の方が尿道が短いために、女性の方がかかってしまう確率が高い病気と言われています。
膀胱炎になると、排尿時に痛みを伴ったり、残尿感、頻尿などの不快な症状に悩まされるので、早めに治療したいものです。

 

膀胱炎が軽度の場合は、多めに水分を摂って排尿を促し、膀胱内に溜まった細菌を体外に排出することで自然に治る場合もあります。
急性膀胱炎や一部の慢性膀胱炎などは細菌の感染が原因ですので、抗生物質や抗菌薬を投与しないと治らないものもあるので、放置せずに早めに泌尿器科を受診する必要がある場合もあります。

 

膀胱炎になってしまうと、せっかくよくなってもクセになりやすく、発症を繰り返してしまいがちです。
慢性膀胱炎になってしまうと、急性膀胱炎よりも治療に長い期間がかかることが多いです。
排尿を我慢することは細菌を増やすことになりますので、予防するにはまず排尿を我慢せずに細菌を体外へ排出するようにしましょう。
また、免疫力が低下していると、細菌に感染したり体内に細菌が侵入してきた時に抵抗力が弱く膀胱炎を起こしやすくなることがあります。

 

クラビットはインフルエンザに効く?

クラビットは細菌による感染症の治療に使用される合成抗菌剤で、主に肺炎、腸チフス、胆管炎、胆嚢炎などの臓器の炎症を抑える治療で使われますが、それだけでなくインフルエンザの感染予防やクラミジアを治療するための性病対策にも役立つお薬として、幅広く用いられます。

 

インフルエンザは、インフルエンザと診断された人の7割もの人が、細菌感染症を併発していて、この細菌感染症を治療することで免疫力を回復し、インフルエンザの症状を改善していくので、細菌感染症を抑えるためにクラビットなどの抗生物質が使われることになります。
なので、細菌感染症を併発していないインフルエンザ感染者がクラピットを使用しても、インフルエンザ自体の治療にはならないということになります。

 

また、インフルエンザに感染すると、身体の免疫力が低下してそれが原因で細菌感染症を起こしてしまうリスクが高まるので、細菌感染症を予防するためにクラビッドが処方される場合もあるので、インフルエンザ自体の治療と言うよりは、クラビットは細菌感染症に効くお薬なのです。